茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光パネルの種類と違い

ソーラーパネルは、「シリコン系」と「化合物系」の2つに大別され、その系統の中でも、さらにいくつかに分類されます。
それぞれのソーラーパネルの種類と特徴についてご説明いたします。

太陽光パネルの種類と違い
シリコン系

単結晶シリコン

このソーラーパネルの大きな特徴は、高い純度のシリコン結晶が使われている点です。単結晶シリコンのソーラーパネルは、変換効率が高いので、限られた狭い面積で少しでも多く発電したい場合はこちらをおすすめします。

シリコンではじめて作られたパネルのため製造工程など様々な研究が進んでおり、耐用年数が長い・トラブルが少ないといったメリットがあり、メンテナンスの負担も抑えられます。そのため、産業用としてもおすすめです。

多結晶シリコン

単結晶シリコンのソーラーパネルの断片を再利用しているため、原料コストが安いという特徴があります。さらに、製造コストの安いキャスト法を用いていますので、ソーラーパネルの中で手頃な価格で購入できるメリットがあります。単結晶シリコンと比較すると、一面積あたり変換効率が少し低いため、コストを重視される方におすすめのソーラーパネルです。

アモルファスシリコン

結晶型のソーラーパネルと比べて、より多くの光を吸収できる特徴を持っています。膜厚が非常に薄いため、ガラスやステンレスなどに貼り付けて電力を作ることもできます。また、高い温度でも安定して電気を作り出せ、自在に電圧を調整できる特徴もあります。加工も容易なため、様々なシーンで活躍できるポテンシャルを秘めています。

HITシリコン

発電効率に優れた単結晶シリコン、高い温度でも発電効率が落ちにくいアモルファスシリコン、それぞれの性質を併せ持つハイブリットなソーラーパネルです。熱に強い特徴がありますので、平均気温が高めの地域にお住まいの方におすすめのソーラーパネルといえます。

太陽光パネルの種類と違い
化合物系

単結晶化合物

基盤にガリウムヒ素をはじめとする特殊な化合物半導体を使用している、高い性能を持ったソーラーパネルです。30%から40%の高い変換効率を発揮するため、人工衛星や集光型などの用途に用いられることが多くあります。

多結晶化合物

多種多様な材料や構造をしたソーラーパネルがあり、様々な用途で使用されています。将来的には、生産効率の改善による低価格化が見込まれているソーラーパネルです。

茨城にある日本エコソーラーでは、小規模発電からメガソーラーまでお客様のご依頼を承っております。土地探しから、工事・手続き・管理までサポートいたしますので、ご安心ください。32円案件・36円案件などの土地付き案件をお探しの方からのご連絡もお待ちしております。