茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

ソーラーシェアリングとは?

太陽光パネルに関心をお持ちの方や農業に関わりがある方なら、ソーラーシェアリングという言葉を一度は聞いたことがあると思います。技術開発が加速している話題のソーラーシェアリングについてご紹介します。導入をお考えの方は、日本エコソーラーにご相談ください。

注目のソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングを簡単にいうと、営農と太陽光発電を併せて行うものです。農地に支柱を立てその上空に太陽光パネルを取り付けます。農家にとって嬉しいメリットがいくつもありますが、支柱を立てることが農地転用にあたるとして、農地への太陽光発電システムの設置を認めていませんでした。

しかし、現在ではソーラーシェアリングを行う農地で適切に農業を継続させることなどを条件に、太陽光発電システムの設置が認められています。

ソーラーシェアリングとは?
農地に太陽光パネルを設置するメリット

副収入を得られる

太陽光発電は、安定して副収入を得られるため投資としておすすめです。農家の平均収入の水準はあまり高くはないといわれており、兼業農家として生計を立てられているケースもあります。農業とは他に収入源を確保したいと考えているなら、ぜひ設置を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光パネルで強い光を遮る

多くの農作物には、それぞれ必要な光の量があります。そのため太陽光をあてすぎると農作物のストレスになってしまう場合があります。

農地に太陽光パネルを設置して日当たりを調整することで、「湿度を保ち微生物の活動を活発にして土を作りやすい環境になる」「暑い時期の農作業が楽になる」「熟すスピードを調整しやすくなる」などの副次的なメリットもあります。

ソーラーシェアリングとは?

太陽光パネルの設置は、茨城を中心に関東全域に対応している日本エコソーラーにお任せください。規模発電からメガソーラーまで、設置する土地に適した発電システムをご紹介いたします。32円案件や36円案件など、ご希望があればお聞かせください。ご要望に合わせた案件をご提案させていただきます。