茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

売電の種類と違い

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーは、電力会社に買取ってもらうことが可能です。買取方式には2つの種類があります。その種類の内容や違いについてご存知ですか。

余剰買取制度

この制度は、地球にやさしい低炭素社会の実現のため、太陽光発電の普及拡大を目的にスタートしました。制度の名の通り、太陽光発電などで作って余った電力を電力会社に買取ってもらえるものです。

余剰買取制度の対象となるのは、ソーラーパネルの総出力が10KW未満の場合で、設置時の売電単価を保証してくれる固定買取期間は10年となっております。日本の一般的な住宅では、10KW以上のソーラーパネルを設置することは難しいため、個人の電力売買は余剰買取制度になると考えていいでしょう。

国や県、または市区町村が、太陽光発電システムを住宅に設置する住宅に対して、補助金を用意していることもあります。太陽光発電システムの設置を検討されているなら、ぜひお住まいの市区町村のホームページをチェックすることをおすすめします。

売電の種類と違い
全量買取制度

消費する電力は電力会社から買いますが、太陽光発電などで作った電力は全て売電する制度です。この買取方式は、10KW以上の電力となりますので、主な対象は十分な土地を確保できる学校や工場と考えていいでしょう。

全量買取制度は、売電価格が買電価格と比べて高い傾向にあるため、余剰買取制度よりも売電によって得られる収入は多くなる見込みがあります。

また、買取期間は余剰買取制度の倍の20年ですので、安定して収入を得られます。グリーン投資減税や生産性向上設備投資促進税制など、法人に向けた嬉しい制度がありますので、ぜひ活用しましょう。

売電の種類と違い

茨城で太陽光発電に投資するなら、日本エコソーラーにご相談ください。小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電など幅広く対応しており、賃貸や分譲の土地のご紹介も可能です。32円案件や36円案件など、お客様のご要望に沿ったご提案をいたしますので、お気軽にご連絡ください。