茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

再生可能エネルギーの歴史

地球環境に対する関心が高まるにつれて、再生可能エネルギーに注目が集まっています。再生可能エネルギーとしてよく知られている「太陽光発電」「風力発電」「水力発電」の歴史についてご説明いたします。

再生可能エネルギーの歴史
太陽光発電
日本において太陽光発電の開発が活発になったのは、1974年のサンシャイン計画がきっかけです。それによって技術革新が進み、電卓や時計などに活用されていきます。その後、国からの金銭的な援助を受けて、1999年に日本は太陽電池生産量で世界のトップに躍り出ました。2013年には中国がトップになっています。現在では一般の家庭の屋根に太陽光発電パネルを見かけることが多くなり、土地付き太陽光発電に投資される方も増えています。
風力発電の歴史

1887年、イギリスのジェームス・ブライスが、世界ではじめて風力発電に成功します。その後、1891年にデンマークのポール・ラクールが、現在の風力発電技術の基礎となる技術を確立し発展していきました。

日本は台風や土地の確保などの問題があり、世界的にみると風力発電の大型風車はあまり見かけませんが、クリーンで地球に優しいエネルギーが注目されている現在では、風力発電の開発や導入が徐々に進んでいます。

再生可能エネルギーの歴史
水力発電の歴史
1878年のイギリスのウイリアム・アームストロングが、水力発電を世界ではじめて行ったという記録が残っています。日本ではじめての水力発電の記録は、1888年に宮城紡績会社が自家用として行ったとされています。このように、クリーンなエネルギーを長期間にわたって発電できる技術として、現在も大いに活用されています。

太陽のエネルギーを活用したいと考えているなら、土地付き太陽光発電の設置をお手伝いしている日本エコソーラーにお任せください。
日本エコソーラーでは、賃貸や分譲の土地付き太陽光発電案件をサポートしています。神奈川・千葉・埼玉・茨城・東京などの関東全域のご依頼に対応可能です。太陽光発電に関するご相談やお見積もりは、専用フォーム、お電話でお問い合わせください。