茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電量の違いと要因

エコへの関心が高まっているため、地球に優しい再生可能エネルギーが大きな注目を集めています。その中でも、話題となっているのが太陽光発電です。発電量に影響を与える要因をご紹介いたしますので、安定した発電量を得えるためにお役立てください。投資として、再生可能エネルギーに興味をお持ちの方も、ぜひ参考にしてください。

夏よりも春に発電量が高くなる

太陽の光を電力に変えるため、日差しが強くなる夏場は一番発電量が高くなる季節だと思われがちです。しかし、実際は夏よりも春の方が、発電量が高くなる傾向にあります。

その理由は、ソーラーパネルの素材にあります。半導体にシリコンを使ったソーラーパネルは熱にあまり強くないため、日差しが強すぎない春の時期に発電量が高くなるのです。

太陽光発電量の違いと要因
パネルの向きや角度によって変わる
効率よく電力を生み出すには、太陽の光をより多く長い時間受けることが大切です。そのため、ソーラーパネルの設置には「向き」と「角度」が重要なカギになります。一般的には、ソーラーパネルは真南に向け、25度から30度の角度をつけて設置することで高い発電効率が得られます。しかし、設置する地域や立地条件によって、多少異なる場合がございます。
日差しを遮る物がある

ソーラーパネルに影を落とす大きな建物や木々がなくても、日差しを遮り発電量が低下することがあります。黄砂・動物のフン・雪といった物がソーラーパネルの表面にあると、日差しが遮られて発電量に影響がでてしまいます。ソーラーパネルの能力を十分に発揮するために、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

太陽光発電量の違いと要因

投資目的で太陽光発電システムの設置を検討している方は、32円案件や36円案件などの土地付き物件を取り扱う日本エコソーラーにご連絡ください。太陽光発電に適した土地を賃貸・分譲でご紹介いたしますので、どなたでも投資ができます。小規模発電からメガソーラーまで、幅広くご提案が可能です。お気軽にお問い合わせください。