茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

売電価格はどのように決まるのか

ソーラーパネルで発電した電気を電力会社に買い取ってもらう「売電」。売電の価格がどうやって決まるのかをご存知でしょうか?どのようにして再生可能エネルギーの売電価格が算出できるのかまとめていますので、設置をご検討されているならぜひご参考ください。

どうやって売電単価は決まる?

毎年1月から調達価格等算定委員会が行われ、その委員会内で市場調査をはじめとする情報やコスト試算などを参考に、太陽光発電の事業者が適正な利益を得られる次年度以降の売電単価が議論されます。

3月までに委員会の意見はまとめられ、経済産業省に提出されると最終決定に至ります。

売電価格はどのように決まるのか
まずは一日の発電量を計算する

簡単におおよその発電量を知るなら、次の計算式を使ってみてください。
「太陽電池容量×平均日照時間=一日の発電量」
お住まいの地域の平均日照時間は気象庁のサイトなどで簡単に調べられますので、ぜひ計算してみてください。

売電価格が分かる簡単な計算式

上記で計算した一日の発電量と、今年度の売電単価を掛け合わせることで、一日あたりのおおよその売電価格が分かります。計算式は次の通りです。

全量買取制度のケースでは、「売電単価×一日の発電量=売電価格」となります。
10KW未満の買取制度のケースでしたら、「売電単価×余剰分電力=売電価格」で計算できます。

関東でソーラーパネルの設置を検討されているなら、日本エコソーラーにお任せください。お客様に最適な太陽光発電プランをご提案いたします。詳細な売電価格も無料でお見積もりいたします。

売電価格はどのように決まるのか

茨城を中心に関東全域でソーラーパネルを設置している日本エコソーラーでは、小規模発電からメガソーラーまでお客様のニーズにお応えしております。太陽光発電に適した土地のご紹介から、手続き・工事・保守・管理など一貫してサポートいたしますので、はじめての方もご安心ください。土地付きの32円案件・36円案件などをお探しの方もお気軽にご相談ください。