茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電事業のための資金調達方法

太陽光発電システムを設置するためには、ソーラーパネル・架台・パワーコンディショナーなどの設備や土地が必要となりますので、多大な初期費用を用意しなければなりません。そこで、太陽光発電事業を始めるための資金調達方法についてご紹介します。

日本政策金融公庫

「新創業融資制度」「環境・エネルギー対策資金」などの融資制度を設けているのですが、厳しい条件をクリアしなければ融資を受けることはできません。公的融資となりますので金利は安く設定されています。

銀行

都市銀行や地方銀行、信用金庫などで融資を受けるためには、内部基準を満たしているかの審査が行われます。経営状況や財政状況によっては融資が受けられないケースも多々あります。

信販会社

太陽光発電の信頼性の高い信販会社では、企業によって金額は異なりますが、無担保・保証人なしで融資を受けられます。金利が3つの融資先の中で最も高く設定されています。

株式取得
資本金の投資により株式を取得して、特定の会社の株主になる方法もあります。株主になると利益分配が受けられる受益権が得られますので、より多くの利益が得られそうな会社を見つけるのがポイントとなります。ただ、株主総会の決議などを行う共益権が発生することも理解しておきましょう。
プロジェクトファイナンス
事業から生み出される利益と資産のみを返済原資とする融資方法です。資金調達のために特別目的会社を設立して、この会社を事業者として資金を借り入れることができます。しかし、日本では公共的な要素の強い事業のみ利用していて一般的には広まっていないのが現状です。

太陽光発電事業への参入をご検討されている方は、このような方法で資金調達を行ってみてください。資金を獲得していざ事業を始めようとお考えの方は日本エコソーラーへお問い合わせください。日本エコソーラーでは、太陽光発電事業の企画・提案から土地確保のための申請手続き、ソーラーパネルや屋根用太陽光発電などの設置、管理・保守までしっかりとサポートいたします。また、売電や設置費用などのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。