茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽パネルの設置に適した屋根とは?

クリーンエネルギーに注目が集まっている近年では、屋根用太陽光パネルの設置を希望する方が増えています。屋根の条件によって発電効率は異なりますので、太陽光発電に適した屋根のチェックポイントをご紹介します。

材質
太陽光パネルを取り付ける屋根の材質によって設置工法や価格帯は異なりますので、事前に屋根の材質をチェックしておくことをおすすめします。昔ながらの日本家屋に多い粘土瓦(和瓦・洋瓦)、セメントと繊維材料を混合して作られているストレート屋根、その他にも金属屋根や折板屋根など様々な材質の屋根があります。材質によっては設置費用がお得でも維持費が掛かってしまう場合もありますので、心配なようであれば一度ご相談ください。
方角
ソーラー発電に最も理想的な方角は、太陽光エネルギー量の多い「南」です。しかし、南面を10としても東と西に設置した場合も8割程度の発電効率が期待できますので、ご安心ください。ただ、建物の陰となる北向けに屋根がある場合には発電量がグッと下がるのであまりおすすめできません。
形状

切妻

日本で多く見られる形状で2つの屋根が組み合わさっている構造です。屋根の面積が比較的広いので太陽光発電効率は高い傾向にあります。

寄棟

4面構造で作られている屋根の形状で1つの屋根面積は小さいので、日射量の多い南向きの面に設置できるパネルの枚数は限られます。しかし、陰となる面以外の3面にパネルを設置できるという利点もあります。

片流れ

屋根が1面設計となっている片流れは、屋根面の方向がカギとなります。傾斜の方角が南だと太陽光発電効率は高くなります。

陸屋根

鉄筋コンクリート造りの家に多く見られ、屋根は平らな形状となっております。傾斜が無いので、架台を設置して角度をつけた上で太陽光パネルを取り付ける必要があります。その分コストは掛かりますが、裏面にすき間があるのでパネルが冷やされて発電効率は上がります。

茨城県にある日本エコソーラーでは、クリーンエネルギー普及のために太陽光発電システムの導入をご検討されている方をサポートいたします。屋根用太陽光パネルはもちろん、家の敷地内でも可能な小規模パネル、遊休地を有効活用する野立て用パネルの設置なども承っております。