茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

住宅用発電と産業用発電の違い

今後の発展が見込める再生エネルギーとして注目を集めている太陽光発電。現在では、一般のご家庭から公共施設、企業まで幅広い分野で活躍しています。こちらでは、住宅用と産業用太陽光発電の違いについてご説明いたしますので、太陽光発電に興味のある方はご参考ください。

買取制度

住宅用と産業用の大きな違いは、屋根用太陽光発電や野立て太陽光発電システムによって生み出される電力の買取制度です。住宅用太陽光発電では「余剰電力買取制度」が適用されますので、発電した電気量はご家庭で消費されて余った電力のみ売電できる仕組みとなっております。

ご家庭でどれだけ電力消費を抑えられるのかで売電による収益も変わってくるので、節電意識が高まる効果も期待されています。一方、産業用太陽光発電では「全量買取制度」が適用されます。再生可能エネルギーの普及を促進するために生まれた制度で、発電した電力全てを電力会社が買い取ることが義務付けられています。全量買取の電力は環境価値のある電力として高価格で買取ってもらえます。

発電容量と買取期間
屋根用太陽光発電や野立て太陽光発電などを始めるために設置するソーラーパネル・パワーコンディショナーによって発電できる容量は異なります。基本的には、発電容量が10kW未満の場合は住宅用となり、固定価格は10年間据え置きで変わりません。10kW以上の場合には産業用とみなされるので、一般のご家庭には設置できません。企業や公共施設の安定した利益獲得や土地の有効活用などの目的で行われることが多いです。10kW以上のシステムを設置すると買取期間が20年間に延びるため、設置費用や土地代などの設備投資を考慮しても十分採算が取れる安定した事業として注目を浴びているのです。

茨城県牛久市にある日本エコソーラーは、屋根用太陽光発電や野立て太陽光発電などを始めたいとお考えの方に最適なプランをご提案いたします。ご相談やお見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。