茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電システム設置可能な土地

遊休地を利用した太陽光発電事業で十分な収益を得るためには設置場所が重要なポイントとなります。こちらでは、条件を満たした土地を見つけるための事前知識として太陽光発電システムの設置が可能な地目をご紹介します。

山林
山や森林などの、耕したり肥料を与えることなく竹木が生息している土地は山林に該当します。山林にて太陽光発電事業を行う場合には、最小限の木々を伐採する必要があります。その伐採及び太陽光発電システムの設置に関して都道府県知事から許可を得なければなりません。
原野
農作物が育つ場所として適していなく、自然に雑草や灌木類が生息している土地を原野と言います。原野は太陽光発電システムを設置するための条件を満たしている場合が多いのですが、日照りを妨害する障害物の有無や電力系統が近くにあるかを事前に確認しておくことが大切です。
宅地
建物の敷地や維持のために必要不可欠な土地を指します。宅地は地目の中でも固定資産税の高い土地となりますので、もともと所有している場合には有効活用しやすいのですが、土地を購入または賃貸する時には収支採算が合わなくなる場合も考えられますので注意が必要です。
雑種地
宅地や山林などの地目に該当しない土地を雑種地と言います。ゴルフ場や駐車場、野球場などがあります。雑種地も固定資産税が高い傾向にありますが、それ以外の太陽光発電システム設置条件とマッチしていることもあり、最も多く利用されている地目です。
農地
農作物の栽培が行える畑や田のことを農地と呼びますが、耕作が行われていない場合でも農業以外の利用は禁止されています。
農地に太陽光発電システムを設置するためには、「農地転用」という手続きが必要です。農地転用の手続きにより、雑種地や宅地へ地目変更を行なってはじめて事業が始められるのです。

地目によって様々な手続きが必要ですので、そのような煩雑な作業を省いてスムーズに事業を始めたい方は賃貸土地付太陽光発電がおすすめです。日本エコソーラーでは、神奈川・東京・茨城・栃木などの賃貸土地付太陽光発電物件のご紹介をしております。また、賃貸土地付太陽光発電だけでなく、煩雑な申請手続き代行や土地確保に関するご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。