茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電事業の今後の展望

次世代のエネルギー供給システムとして注目を集めている太陽光発電。環境に優しく比較的導入しやすいというメリットもあり、多くの企業が太陽光発電事業に参入してきています。そんな太陽光発電事業の今後の展望についてご説明します。

太陽光は無限の資源

太陽光は日照り条件によって差はあるものの、どの地域にも降り注いでいるエネルギーです。太陽光発電は天気の影響を受けやすいエネルギー供給システムではありますが、一度設置すると定期的なメンテナンスを行うだけで、無限に資源が供給できる将来性の高いビジネスと言えます。

太陽光システムの設置には広大な敷地やソーラーパネルなどが必要となりますので、事業を始めるにあたり多大な初期費用は掛かりますが、その費用も利回り率の高い太陽光事業を続けることで回収が見込めます。また、電力消費への意識改革を目指している現代の日本では、太陽光発電システムに掛かる費用が年々下がってきているのも事業への参入が増えた要因の一つです。

空き地発電所の増加傾向にある
以前の太陽光発電市場では住宅用が常に牽引していましたが、現在では土地を有効活用して太陽光発電事業に参入する企業が増加してきています。田んぼや畑などに限らず、宅地や雑種地、原野などの使われていない土地は全国各地に数多く存在します。遊休地のまま放置していると、ただ固定資産税が掛かってしまうだけで全く利益は得られません。そんな土地活用の面から見ても太陽光発電事業は、節税対策や収益が得られるなどのメリットがあるのです。このような市場の流れに伴い、土地付き太陽光発電物件の紹介も増加傾向にあります。
再生エネルギー普及のカギとなる太陽光発電
資源の枯渇などの影響により、日本だけでなく世界中で再生エネルギー普及への取り組みが進められています。企業や社会も「電力を生み出す」ことに重点を置くのではなく、「電力を溜める」「賢く使う」といった意識へと変わりつつあります。このような取り組みは今後より進展していくことが予測できますので、太陽光発電事業の展望も明るいと言えるでしょう。
弊社新企画認

廃プラを回収してバイオ液体燃料に精製して、その液体燃料でディーゼル発電機で発電して、売電するのシステムと発電機から出る排熱を利用して、ハウス栽培を行い農産物の生産をするシステムの開発をしています。

現在、日量7.2TONの廃プラを液体燃料に変えるバイオ燃料製造装置はすでに実験済みで時間1200KWの発電機を回す実験発電設備を建設計画中。お客様の要望に合わせて、生産能力や出力を変えて制作は可能。バイオ燃料製造装置は、製造工程パテントをもとに大手重工業メーカーとの協力の元に制作を行い、発電設備は小型の物から大型の再生発電機を整備メンテナンス付で販売又はリースを行える体制にする予定。

廃プラからバイオ燃料を生産しながら発電できるプラントのために、廃プラの回収が継続できれば供給燃料の不足とか燃料の減価を極力抑えることができるので、投資資金の回収は、数年の売電収益で回収が可能となります。

このバイオ燃料製造プラントおよびバイオ燃料発電設備にご興味のある方は弊社にお電話又はメールでお問合せください。

将来性のある事業への参入のために土地付き太陽光発電物件をお探しの方は、日本エコソーラーへご相談ください。神奈川、千葉、栃木、茨城、東京などの幅広い地域の土地付き太陽光発電物件をご紹介いたします。