茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電の誕生と発展

クリーンエネルギーのひとつとして世界的に注目されているものに太陽光パネルがあります。日本でも世界におくれながら、家庭用や産業用などの太陽光パネルが普及してきています。そんな太陽光パネルの誕生と日本で注目され始めたきっかけについてご紹介いたします。

アメリカで誕生した太陽電池
太陽光発電のエネルギーとして利用されている太陽電池は、1954年にアメリカのベル電話研究所で誕生しました。その研究所に勤めていたシャピン、ピアソン、フラーという3人の研究者よって考え出されたのです。トランジスタの研究中に偶然発明され、当時はシリコン太陽電池と呼ばれていました。開発当初はあまりにも高価だったため、特別用途以外はあまり使われず一般的には広まっていませんでした。主に人工衛星や電気の通っていない離島や遠隔地で使用されていました。
日本で注目され始めた理由
日本では、1973年の石油ショックを機に太陽電池の製造が本格的に始動しました。国内に資源を持っていない日本だけでなく、海外を含めた多くの方が石油に変わる新しいエネルギーということで注目をしました。現在の国のサポートからも分かるように、太陽光発電は大きく注目されており、地球温暖化を遅延させる方法のひとつとして広く知れています。地球温暖化の他にも、電力不足の改善、人々のエコへの関心向上、東日本大震災の原発問題など、様々なことが要因になり、太陽光発電への関心が高まっていると考えられます。

日本エコソーラーでは、茨城県を中心に太陽光発電の申請手続・設置工事・維持管理まで行っております。屋根用太陽光パネルや小規模パネル、野立て用パネルなどお好きな太陽光パネルをお選びいただけます。

太陽光発電を取り入れることで、副収入につなげられ、エコに貢献することもできます。現在では国からのサポートもあり、設置の費用も軽減されています。茨城県にお住まいの方でソーラー発電をお考えの方は、ぜひ日本エコソーラーへご依頼ください。