茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電システムの耐用年数について

近年、格安で行える10kw未満の屋根用太陽光発電やメガソーラーなどを目にする機会も増えてきました。経済的な観点からだけでなく、エコに対する意識の高まりなどもあり、太陽光発電システムの効果的に電気を作り出すメリットに注目が集まっています。

太陽光発電システムの構成
太陽光発電を導入するにあたり、多くの方が太陽光発電システムの耐用年数を気にすることと思います。太陽光発電システムに必要な器械には様々な種類があります。太陽光から電気を生み出すソーラーパネル、生み出された直流電流を交流電流に変換するパワーコンディショナー、発電量などを確認する電力メーター、これらの機器を繋ぐケーブルなどです。中でもソーラーパネルとパワーコンディショナーの耐用年数は、特に注目したい部分といえます。
ソーラーパネルの耐用年数
太陽光発電システムの要となるソーラーパネルは、種類や各メーカーによって耐用年数は変わってきます。一般的にほとんどのメーカーで10年保証が設けられていますが、最近は耐久性など性能が向上したソーラーパネルの登場により、20年以上の動作が可能となっています。また、定期的なメンテナンスを実施することで、故障による発電量の減少を抑制でき、長期にわたる売電収入が可能となります。
パワーコンディショナーの耐用年数

パワーコンディショナーは、単にソーラーパネルが取り込んだ電気を変換するだけでなく、変化し続ける天候から常に最大限の電力を取り入れられるよう、様々な調整を行っています。また、太陽光がなくなったことを感知するとソーラーパネルを自動停止させ、太陽光が照り始める早朝になると自動で起動させるという役割も担っています。

そんなパワーコンディショナーの耐用年数はソーラーパネル同様、種類やメーカー、設置場所などによって異なりますが、10年というのが一般的です。ソーラーパネルと比べて耐用年数が短いため、機能や性能の確認が必須となります。

牛久市にある日本エコソーラーでは、産業用発電20年契約の太陽光発電システム導入に関するサポート業務を行っております。土地付き太陽光発電もご用意しており、茨城県や千葉県、神奈川県、栃木県などからのお見積り相談も受け付けています。屋根用太陽光発電などの導入をお考えの際は、お気軽に日本エコソーラーまでご相談ください。