茨城の日本エコソーラーでは、小規模発電・メガソーラー・土地付き太陽光発電の投資など幅広く対応しております。ENGLISH

0120-190-730 受付対応時間 月~金8:30~18:00

MENU

太陽光発電事業を開始するなら

太陽光発電事業を開始する際は、分譲土地付太陽光発電と賃貸土地付太陽光発電のどちらを選択するか迷ってしまうこともあるでしょう。こちらではそれぞれの特徴を紹介しますので、自分にあった方法を選択するための参考にしてみてください。

分譲土地付太陽光発電

太陽光発電の設備を導入するためには、広い土地を確保する必要があります。そのため、土地探しに苦戦してしまう方もいらっしゃることでしょう。しかし、分譲土地付であれば自分で土地を探す必要はありません。土地と太陽光発電の設備がセットになっているため、簡単に導入することができるのです。

プロの目で日当たりが良い土地を選定しているため、土地選びで失敗することがないことや、グリーン投資減税で節税できることもメリットの一つです。土地を購入することになるため、毎年固定資産税を支払う義務が生じることになるのですが、太陽光発電事業を終了した後も資産として土地を残すことができます。

賃貸土地付太陽光発電

賃貸土地付太陽光発電は土地を購入する必要がないので、分譲土地付太陽光発電よりもコストを抑えることができます。土地を所有することにはならないため、土地の固定資産税もかかりません。

ただし、土地を借りるための賃料の支払いや、太陽光発電事業が終了すると土地を資産として残すことができないこと、土地の賃料見直しにより場合によっては賃料が高くなってしまうことがあるので注意が必要です。土地を資産として残すことよりもなるべくコストを削減したいと考えている方には、賃貸土地付太陽光発電がおすすめです。

茨城・神奈川・東京・栃木などで太陽光発電事業を始めるのであれば、ぜひ日本エコソーラーにご相談ください。日本エコソーラーでは、40KWの小規模発電から5000KWのメガソーラーまで幅広く対応しております。分譲土地付太陽光発電や賃貸土地付太陽光発電のどちらでも紹介可能なので、お気軽にお問い合わせください。